自動角度可変機構を使用した携帯電話覗き防止フィルムの透過率測定

  • 川崎技術支援部では紫外・可視分光光度計のオプションとして角度可変機構を所有しています。
    この装置を使用すると、試料と検出器の位置関係を任意に変化させることが可能なため、透過率・反射率の角度依存性を調べることができます。

    <使用機器>

    紫外・可視分光光度計 日立ハイテクサイエンス UH-4150 + 自動角度可変機構

    •  
    • 図1 透過率を測定する場合
    • 図1 透過率を測定する場合


    •  
    • 図2 試料の角度を変えて反射率を測定する場合<br>入射角は5~60°, 検出器は10~180°の範囲で位置を変えることができます
    • 図2 試料の角度を変えて反射率を測定する場合
      入射角は5~60°, 検出器は10~180°の範囲で位置を変えることができます


    この角度可変機構を利用して、携帯電話用覗き防止フィルムの透過率を測定してみました。
    •  
    • 図3 各入射角度における分光透過率
    • 図3 各入射角度における分光透過率

    •  
    • 図4 波長555nmにおける入射角度と透過率の関係
    • 図4 波長555nmにおける入射角度と透過率の関係

ご利用を希望される方へ

今回のような透過率測定を実施した場合は、下記料金表が適用されます。詳細はお問い合わせください。
測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

試験計測料金

NO.項目単位料金担当部名
K3450紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定1試料1条件につき6,270川崎技術支援部
K3452紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定 追加追加1条件につき3,740川崎技術支援部
  • この装置・試験等に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部