フーリエ変換顕微赤外分光分析(顕微FT-IR)を用いた食品用包装フィルムの層構造の分析

 顕微FT-IRは最小 10 μm 程度の微小異物の同定に非常に有効な手法ですが、マッピング機能を利用して、ケミカルイメージングの作成も可能です。
 食品用包装フィルムについて、スライサーを用いて断面方向から薄片を切り出し、薄片を2枚の臭化カリウム板の間に挟み込んだ状態でプレスした後、フィルム各層の定性と層構成を分析しました。
 フィルム断面からの光学像からこのフィルムは少なくとも5つの層から構成されており、フィルムの内側からエチレン-酢酸ビニル共重合体、ポリエチレン、ポリエステル、ポリウレタン、ポリプロピレンであることがわかりました。

図 多層フィルムの測定結果
図 多層フィルムの測定結果

 食品用の包装パッケージはガスバリア性、耐衝撃性、耐熱性、ヒートシール性など内容物に応じて様々な機能が必要となるため、多層構造であることが一般的です。顕微FT-IRを用いることで、フィルムの組成ならびに各層の分布状態を確認することができました。

ご利用を希望される方へ

このページのご紹介内容は、試験計測(依頼試験)技術開発受託(受託研究)でご利用いただけます。

料金表(単位欄にメーカー・型式を表記している場合:機器使用料金(特に記載がない限り単位は1時間あたり))
料金NO.項目単位(又はメーカー・型式)料金
E2021フーリエ変換赤外分光分析1スペクトルにつき19,800円

※E2021はポイント測定の料金となります。今回の事例のようなケミカルイメージングを行う場合、測定時間や測定条件により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

関連リンク

  1. フーリエ変換赤外分光分析
  2. フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境安全グループ